🐼ひじパンダのプロフィールはこちら🐼

【シンガポール見所】シンガポールの絶景夜景が見られる場所

その他の国
スポンサーリンク


スポンサーリンク



シンガポールに1日だけというか、朝ついて深夜の便でシドニーに向かう勝手に一人で弾丸ツアー。シンガポールの物価と雰囲気が気になったという理由だけでシドニーに帰る前にちょっと寄ってみた。

以前の記事はこちら⇒シンガポールに1日寄ってみた①

さて、1日の滞在でどのくらいシンガポールの物価を体感できるかわからないが、出来るだけ写真を撮って記録に残したいと思った。ちなみに2017年9月10日の時点での為替レートは

AUD1 = SGD1.08
SGD1 = JPY80.33
AUD1 = JPY86.89

では、まずはコンビニエンスストアから行ってみよう。

スポンサーリンク

シンガポールのコンビニ


オーストラリアのコンビニで売ってるものよりは安いけど、日本よりは高い。

でも、セールで安いものもある。

アイスクリームが鬼のように高い。まあ、シドニーも似たようなものか。

あ、おにぎりが売ってる!シドニーのコンビニにはないけどな~。おにぎりもサンドウィッチもまあ、そこまで馬鹿高いわけじゃない。

タバコは大体$13くらいかな。オーストラリアと比べたらかなり安い、日本と比べたらかなり高い。

棚の整理をしているスタッフを発見。床に商品を直接置いてる。。。日本だったら怒られるけどシンガポールはOKか。。。まあ、日本が厳しすぎるだけだと思うけどね。

スポンサーリンク

シンガポールのスーパー


ケーキ屋さんを発見。Whole cakeで$35くらいか。。。ビジネス街の中にあるケーキ屋さんだったから、田舎の方に行けばもう少し安いのかも。

ビジネス街(?)の中にあるRaffles Cityというところに行ってみた。ビジネス街なので田舎の方と比べたら物価は高いかもしれないが、いちよ参考までに。

凄く綺麗で大きなショッピングモール。


こちらはそのショッピングモールの中にあるスーパーマーケットで撮った写真。何、この値段。。。鬼のように高いんだけど。。。でも、売ってるってことは購入している人がいるってことだよね。。。マジか。。。

スポンサーリンク

シンガポールのレストラン


何かよくわからないトッピングのラーメン高いし、麺屋武蔵もある。そして高いあれ?日本の麺屋武蔵ってこんなにメニューあったっけ?

東京でたまにお世話になっていたスンデゥブのお店も発見。


Coco壱もある。海外あるあるの値段高め設定。

このお店は世界の至る所にお店を展開している気がする。



でも、駅に向かう途中にはこんな安くて味も悪くないお店もある。値段が高め設定のお店から歩いて3分くらいのところに安いお店が沢山ある。なのに値段が高いお店には沢山お客さんがいる。

自分が好きなBurger Kingの値段は日本と同じくらいかな。。。オーストラリアのHungry Jacksよりも安い。

スポンサーリンク

シンガポールの交通

電車賃がめっちゃ安いな~という印象を持ったのだけど、具体的な値段がわからなかったのでこちらのウェブサイトを参考に ⇒ シンガポール旅行観光.com  ウェブサイトによると

1駅  =$1.4
10駅=$2.1

日本と比べたら電車賃は少し安い、シドニーと比べたら激安だ。何駅乗っても電車賃が安かった気がする。それを考えると日本と比べても結構安いかも。

「ひじさんの感想」
シドニーにしばらく住んでいるせいか、シドニーと比べたら全体的に結構安いな~という印象だけど、日本と比べて高いものが結構多くて、安いものの方が少ないような気がした。

今回は1日しかなかったこともあり、CityやBusiness街を中心に回ったので田舎の方と比べたら物価が高かったのかもしれない。シンガポールに住んだり、シンガポールで仕事をしたらまた印象が変わるかもしれないのだけど、忘れてはいけないのは

「ここは東南アジアの国の1つ、シンガポール」

それなのに日本と比べて高いと思うものが普通に売ってて、それを購入できるだけの財力を持っている人達が沢山いるということを忘れてはいけないと思う。

「日本が既に物価の高い国では無くなっているのかも」

色んな国に旅行したり住んだりしている人達は既にこのことに気付いていると思う。お給料も一般社員として日本で日本の会社に勤めている人達よりも貰っている人達もかなりいる。貧富の差はあれど、マレーシアの人達もそれなりに貰っているし、ショッピングモールで売っているものは高いものも多かったし。

最近、中国のShenzhenという街の出身の人とたまにシドニーで会うこともあり、その街に前から興味があった矢先にSouth China Morning Post というサイトに載っていたこんな動画を発見した。中国人のほとんどが使っているであろう「WeChat」というまあ、日本でいるLINEのようなものなのだが、WeChatの電子マネーを利用した決済が凄いことになっている。詳しくはその動画を見て欲しい。Shenzhenの友人に聞いたところ、この動画の話は本当らしい。中国を訪れるとしたらまず、間違いなくShenzhenに行きたい。

「世界が物凄い勢いで変化している中で、日本がどういう風になっていくのか不安で仕方がない」

時折、自分がシドニーに出来るだけ長くいたいという理由を考えることがある。色んな国の人に会い易いから、海外の雰囲気が好きだから、物価が高いけど給料もそれなりにいいから、まあ、色んな理由があるけど、たぶん、一番の理由は「色んなことにチャレンジし易い環境が日本よりにいるよりあるから」だと思う。

この国は自分で何かビジネスをしたいと考える人が結構多い。思ったことを実行する人も結構いる。やってみて駄目だったら次、みたいに考える人と会えるチャンスもある。良きも悪きも「ゆる~い」環境なので、とりあえず行動してみて何かあったら後で修正みたいな感じだ。発展途上国や経済が上手くいってない国からオーストラリアに来て、オーストラリアに永住する方法を試行錯誤して必死になっている人達にも会える。まだあまり沢山は会えてないが、国を追われた難民だった人も住んでいる。日本にいると未だに「出る杭は打たれる」ことが多いし、他の人と違うことをやると足を引っ張られる感じだが、オーストラリアは何かしようとすると周りが応援してくれるし手伝ってくれる。周りの影響を受け安いひじさんの性格にはこの国の方が楽しいと思っている。自分自身が色んな人に助けてもらってやりたいことをさせてもらっているので、自分自身も他の人のチャレンジを出来るだけ助けられたらいいな~と思っている。

話がそれてしまったが、最後にシンガポールで一番気に入った場所を紹介してシンガポールの話を終えたい。




こちらは全てBayfrontという駅のすぐ目の前から撮った写真だ。一番上の写真は屋上にプールがあるあの有名なMarina Bay Sandsのホテルだ。昼間に行ってもあまり感動しないが、夜の景色はまさに絶景。深夜便でシドニーに向かう関係もあって1時間ほどしか滞在しなかったが、十分に満足できた。

この場所はシンガポールに行ったら暗くなってから必ず行くべき場所だと思う。「Botanic Garden」と「Little India」にも足を運んだが、話が長くなるので今回は書くのを控えようと思う。次は何についてブログを書こうかな~。

You Tubeチャンネル : hijisan.channel

Facebook : https://www.facebook.com/hijisan333

Twitter : https://twitter.com/hijisancom ( Mobile : hijisancom “Kenichi Hijikata”)

Instagram : https://www.instagram.com/hijisan/ (Mobile : hijisan “Kenichi Hijikata” )

LINE / WeChat / Kakao ⇒ hijikuniine


スポンサーリンク



 

タイトルとURLをコピーしました