🐼ひじパンダのプロフィールはこちら🐼

4000年に1人の美少女、鞠婧禕ジュージンイーの出身地を訪問した

中国旅行
遂宁市はジュージンイーの出身地
スポンサーリンク


スポンサーリンク



現在、四川省成都という街に語学留学中のひじパンダです。

いつもは成都の街のことを中心にブログを書いているのですが、恐らくは初めて中国の他の町のことについてブログに書きます。

その町の名前は “遂宁(Suining)市”。中国人でさえ知らない人も多いので、よほど中国についてマニアックでない限りはこの町のことについて知らないと思います。

ひじパンダ
ひじパンダ

「町」だけど「街」だった

筆者が何を言っているのかさっぱり分からない方もこの時点ではいると思いますが、記事の最後の方になるにつれ分かります。ぜひ、お付き合いください。

スポンサーリンク

鞠婧禕(ジュージンイー)の出身地

鞠婧禕(ジュージンイー/菊ちゃん)

早速、最初の項目で本タイトルのことを書きたいと思います。何故、筆者がこの町のことを知っていた方というと、元SNH48の鞠婧禕(ジュージンイー)の存在を知っていたからです。別に筆者はアイドルに興味があるわけではないのですが、中国に行く前に日本でも知られてそうな中国人を調べました。AKB48の姉妹グループが上海にもあるというのは前から知っていたので、そこから辿り着いたのが鞠婧禕(ジュージンイー)でした。

Wikipediaで調べていたのでSNH48の出身地等も直ぐに目につきました。さすが「四川美人」という言葉があるように、四川省出身の美人メンバーが多かったです。その中でも不動のセンターだったのが鞠婧禕(ジュージンイー)。彼女も四川省出身でした。

調べたら留学している「成都」と彼女の出身地の「遂宁(Suining)」は高铁(新幹線みたいなもの)でたったの1時間、しかも往復でたったの104元(1566円)です。

ひじパンダ
ひじパンダ

そういえば最近、旅行に行ってないな~

映画のチケットを購入する感覚でチケットをオンライン購入しました。まあ、ほとんど何も考えずに購入した形です。

スポンサーリンク

遂宁(Suining)市はどこにあるの?

成都市ー遂宁市

遂宁市は成都から高铁で1時間程の所にある町です。日本語での情報はほぼなかったので中国語で情報を集めようとしましたが全くわかりません。英語で調べてもほとんど情報がなく。。。四川省以外の人だったら中国人でも知らない人が多いほどの町です。

正直、結局はネット検索でも情報を全然手に入れることが出来ませんでした。

ひじパンダ
ひじパンダ

現地に行って誰かに聞けばいっか

そんな軽いノリで行くことにしました。

ちなみに、遂宁の人口は約369万人、常時滞在している人は323万人です。恐らくは成都や他の大都市に仕事や大学で行く人が多いんだと思います。

行く前は街の中心部がどこかさえ分かりませんでした。事前に知っていた情報は

1:元SNH48の不動のセンター、鞠婧禕(ジュージンイー)の出身地

2:地下鉄がない

3:人口300万人を超える都市

以上3点です。情報がこれしかないのに良くいくな~って自分で思いましたが、道標の無い旅行もたまには面白いのです行くことにしました。

スポンサーリンク

成都市と遂宁市の間は農村部

成都ー遂宁にある中国の農村部

成都から遂宁までの1時間、電車の中から農村地帯を見ることが可能です。古い建物が多い感じでしたが、おじいちゃんおばあちゃんがのんびりと農業をしている姿や、おばあちゃんが家の前でのんびりしている姿を一瞬一瞬ですが見ることが出来ました。

ひじパンダ
ひじパンダ

ここで栽培されている野菜が成都や他の都市に出荷されて自分たちの口の中に入って来るんだろうな~

としみじみ考えてしまいました。しばらく農村地帯が続き、農村地帯が続く中でこのような電車のアナウンスが流れました。そして電車の速度が落ちていきました。

遂宁到着前の光景

え!ちょっと待って!まだ農村地帯だけど、ここで降ろされるの?率直にそう思いました。まさか遂宁って農村村?。。。本気でそう思いました。

山に囲まれた遂宁駅

駅の周りも山に囲まれた感じで農村部で何を楽しもうか、頭を切り替えるのに必死でした。まさ人口300万人以上の町が農村部なんて。。。

スポンサーリンク

遂宁駅でウロウロしていたらJK制服の子に会った

遂宁駅前

遂宁(suining)は農村部かもしれない。。。駅を出たらそんなことは無くて安心しました。何となく町の雰囲気が少し伝わって来ました。

ひじパンダ 歳三
ひじパンダ 歳三

少なくとも農村部ではなさそう

とりあえず、本当に遂宁については情報が無くてバス停の周りをウロウロしていました。町の中心部がどこかさえもわからないのでとりあえず誰かに聞かないと。。。と思っていたら何と、JK制服姿の子がバスから降りて来ました。

ひじパンダ
ひじパンダ

まさかこんなド田舎にも成都と同じようにJK制服を着た子がいるなんて!

とりあえず、町の中心部にはどのバスに乗れば良いのかを聞くついでに一緒に写真を撮って貰いました。

遂宁駅前でたまたま見つけたJK制服の子

その後、彼女は高铁を利用してどこかに向かっているようだったのでその場でお別れ。とりあえず、教えて貰ったバス停に行くことにしました。

バス停の場所は分かったのですがまた問題が。。。

ひじパンダ
ひじパンダ

町の中心部はどこだ?

スポンサーリンク

ある中国人男性に助けて貰った

町の中心部まで行くのを手伝ってくれた見知らぬ男性

学生たちを引率していそうな男性を見つけたので声をかけて聞いてみました。そしたら物凄く丁寧に教えてくれました。

遂宁の町の中心部はここだよ~、このバスに乗れば行けるよ~、1元だよ~

色々と情報を教えて貰いバスを待っていると男性が再びやって来て

タクシーでそこまで連れて行ってあげるよ

ひじパンダ 歳三
ひじパンダ 歳三

マジですか!!!

お言葉に甘えてタクシーで目的地まで連れて行って貰いました。しかも、タクシー代まで出してもらって。。。

働いているからそれくらいは自分が出すよ~~~

非常にありがたかったです。実はこういう経験は中国に来てから何回かあります。本当に中国人ってこんな見ず知らずの自分まで助けてくれて、良い人が多いと思います。

スポンサーリンク

街の中心地の1つ「万达广场(wandaguangchang)」

万达广场(wandaguangchang)の前

実はここは本当の中心地では無かったのを後で知ったのですが、しばらくここでウロウロすることにしました。この日はとても暑かったし、実は昨晩あまり眠れなかったのでゆっくりしました。

ここは小さなショッピングモールになっていました。成都のショッピングモールと比べたらはるかに小さいのですが、家族連れや若い人達で賑わっていました。

万达广场(wandaguangchang)の中

JK制服やロリータファッションの子達をそれなりに見たので日本のサブカルチャーはこんな田舎町にも浸透しているのかと思いました。

ロリータファッションの子を発見

ショッピングモールの裏にはいくつかお店が並んでいました。値段は成都よりも全体的に2元(30円)程安いイメージでした。思ったよりは安くなかったかも。

商店街みたいなところ

スポンサーリンク

自転車で市内探索/ロリータファッションの子発見

正直、既に疲れていたのでずっとショッピングモールにいることも考えたのですが、せっかく勿体ないと思い、1つ観光地っぽいところにシェアバイクで向かいました。まあ、山道で挫折をして結局はそこまで辿り着けなかったのですが。。。

ただ、遂宁の街中を大分探索することが出来ました。正直、遂宁はお店が多くて結構栄えていると思いました。

遂宁の街中

至る所で工事が行われていて、建設中の建物を多く見ました。成都だけでなく、こんな田舎町も発展させようという中国の勢いを感じました・

至る所で建設中(写真だと分かり辛い)

町中をシェアサイクリングで回っていると、ロリータファッションの子が向こう側から歩いてきました。

ひじパンダ
ひじパンダ

めっちゃ一緒に写真撮って貰いたい!

申し訳なさそうに声をかけたら一緒に写真を撮ってくれました。

町中でロリータファッションの子を発見

こんな可愛い子が日本発祥のロリータファッションが好きだなんて、日本人はロリータファッションにもっと誇りを持って良いと思います。

スポンサーリンク

遂宁市の本当のメインエリアは「中央商务区」

中央商务区(町の中心部)

町中をシェアサイクリングで回った後、とりあえず万达广场に戻ることにしました。というよりも、そこしか行くところを知らなかったので戻りました。万达广场に戻ってマッサージチェアの所でくつろいでいろとあるツイッター民の方から貴重な情報が!

「ここは遂宁の中心じゃないよ、時間があったら“中央商务区”を見に行こう。 そこは一番遂宁ぽい」

という貴重な情報を手に入れることが出来ました!!!ツイッターって本当に便利だな~って思いました。この時、時間は6時くらいでした。まだ時間はある!というか、もしも市場のような所だったらいる間に暗くなって来てむしろチャンス!と思い、1元バスを使って向かうことにしました。

若者で賑わう中央商务区

中央商务区

情報をくれたツイッター民の方の言う通り、まさにここが町の中心と中心という場所でした。何で気が付かなかったのか、ロリータファッションをしていて一緒に写真を撮って貰った子はここに向かっていたんだと思います。

屋台街で人生初の「サソリ」を食べる

中央商务区の屋台街

少し横道に入るとそこは屋台街道のようになっていて人で賑わっています。まさに

ひじパンダ
ひじパンダ

中国に来た~~~!

という場所でした。屋台街を歩いていて美味しそうな食べ物が沢山あります。。。海鮮類、串焼き、たこ焼き(?)、イカの串焼き、ムカデ。。。ん?

ムカデやサソリ、バッタなど。。。

ひじパンダ
ひじパンダ

ムカデ、サソリ、ゴキブリ、バッタ、その他ゲテモノ!!!

出会いは突然に。。。ついにこの時がやって来ました。実は成都ではこれらの食べ物は見たことがなく、食べる機会が一度も無かったです。まさか遂宁でお目にかかることになるとは。。。

こいつらに出会ったら絶対に食べてやろうと思っていました。。。もちろん、どれを買うにしても食べるのに勇気が必要でした。見た目的にムカデ、ゴキブリ、バッタは何となく嫌でした。。。20元(約300円)と値段は少し高かったのですが、サソリを購入することにしました。

サソリを購入

購入したら勿体ないからとりあえず食べるしかありません。食べてみました。。。感想は。。。

サソリはあまり美味しくない

写真を見て分かると思いますが、決して美味しくないです。味は煮干しにほとんど味が付いてないような感じでした。美味しくないのに20元もする。

ひじパンダ
ひじパンダ

罰ゲーム以外で誰がこれを食べるんですか!?

中国人の友人皆から言われました

勇気があるね。。。私、食べたこと無い

中国人の若者はこれらのゲテモノを避けるそうです。そういえば、屋台にお客さんは一人もいなかったです。恐らくあの虫たちを買うのは自分の見たいな興味本位の外国人が、本当に一部の人達だけです。

夜になるとライトアップも

中央商务区の夜のライトアップ

夜になるこのエリアはライトアップされます。とても綺麗です。

中央商务区の夜のライトアップ

少し横道に行ったところでもシャボン玉とライトアップを使ったイベントが行われていました。もしかすると毎日、又は毎週末行われているかもしれません。羨ましいです。

後、こんなライトアップの中もしも鞠婧禕(ジュージンイー)のような美少女が漢服で歩いていたらヤバいですね。

スポンサーリンク

遂宁市は「町」ではなく他国なら大都市?

遂宁の夜景

この遂宁という場所ですが、中国人でも知らない人が多いほど田舎の「町」です。中国国内では「町」ですが、他の国だったら大都市にカウントされてもおかしくないほど大きな都市です。

遂宁の夜景

スポンサーリンク

中国の発展スピードを改めて再認識

最初に述べた通り、遂宁という町に行ったのは中国人女優(歌手)の鞠婧禕(ジュージンイー)の出身地で名前を知っていたから、だったのですがいつのまにか

ひじパンダ
ひじパンダ

町なのに半端ない!

という驚きに変わっていました。町を回っている間に鞠婧禕(ジュージンイー)の出身地だということを完全に忘れていましたね。

四川省の街(町)のそれぞれの人口やGDPを考えるとこの規模、又はそれ以上の規模の街が四川省だけでも15個はありそうです。

遂宁は五線都市

成都は一線都市

ちなみに、遂宁は五線都市と言われる都市だそうです。北京や上海、私のいる成都は一線都市と言われています。

ちなみに、五線都市までをまとめた所、

一線都市⇒19都市(成都はここ!)

二線都市⇒30都市

三線都市⇒70都市(绵阳はここ!)

四線都市⇒90都市(眉山はここ!)

五線都市⇒128都市(遂宁はここ!

四線都市以上は遂宁並み、又は遂宁以上に栄えている可能性があるってことだよね。。。その数209都市。。。凄い数だ。。。

さて、遂宁という町に行った日記がてら書いてみたのですが如何だったでしょうか?四川省の他の町にも行く予定なので、行ったらまた日記がてら記事を書きたいと思っています。それではまた。

You Tubeチャンネル: hijisan.channel

Facebook : https://www.facebook.com/hijisan333

Twitter : https://twitter.com/hijisancom (Mobile : hijisancom “Kenichi Hijikata”)

Instagram : https://www.instagram.com/hijisan/ (Mobile : hijisan “Kenichi Hijikata” )

LINE / WeChat / Kakao ⇒hijikuniine


スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました