🐼ひじパンダのプロフィールはこちら🐼

【中国の実態】中国のウイルス対策/本気のコビット19対策に脱帽

中国トリビア
スポンサーリンク


スポンサーリンク



現在、中国四川省成都に留学中のひじパンダです。

過去の記事でも中国のウイルス対策についての記事は多く書いてきましたが、つい最近(2020年9月9日時点)、中国のウイルス対策について驚いた事があったので改めて記事を書きたいと思います。

スポンサーリンク

過去からある中国のウイルス対策

約8カ月前に武漢が閉鎖されてから中国全土でコビット19対策が中国全土でかなり厳しいものになりました。その際にどのような対策が行われていたのかは過去の記事を読んで頂ければ幸いですが、

その時から今でも残っている対策がいくつかあります。

Wechat(微信)で毎日レポート

2月くらいこのWechatによるレポートは毎日しなければなりません。

GPSで位置情報を送らないといけないので現在地を騙すことは出来ません。朝早め、又は次の日になる前に報告をしたり、数日報告をしない等をして誤魔化すことも可能ですが、長期間旅行をするなどの場合は現在地を誤魔化すことは無理です。

感染者と接触したか、隔離期間中かなどの質問を色々とされます。毎日ちゃんとアンケートを報告していればこの「否」の部分は自動的にチェックされてるのですが、報告を怠ると日が経つごとに「否」のチェックが外れて少し面倒臭いです。ちなみに、数日間、又は一週間以上報告を怠るとどうなるのかは知らないです。

1日報告を忘れることはありますが、毎日基本的にちゃんと報告しているので。ちなみに、この報告はヘルスセンターかどこかと恐らく繋がっていますね。自分の健康コードは常に緑になっているので(中国に滞在する中国人、外国人は全てこの健康コードを持つ必要があります。緑のコードは問題なし。黄色と赤は隔離期間中や感染者という意味だった気がします)。

ひじパンダ
ひじパンダ

もう7カ月もこれを毎日やっているのでさすがに疲れてきました

地下鉄での体温チェックとマスク

武漢が閉鎖されてからこれもずっと行われています。地下鉄に乗る際の体温チェックとマスク着用は義務です。マスクを着けないと地下鉄には乗れません。ちなみに、地下鉄に乗った後も地下鉄の中には警備員が見回りをしているのでマスクを外しているのを見られたら注意をされます。

警備員に注意されたくない!ウイルスに感染もしたくない!

という二重のプレッシャーから地下鉄内でのマスクの着用率は100%です。マスクをずらしている人さえ見かけません。

ちなみに、公共バスは体温チェックは無いですがマスクの着用は義務です。

マスク着用の義務付け

マスク着用をしないと入れない建物も今もあります。そのような建物は建物内にも警備員がいるので、マスクをしていないと注意をされます。

中国国内は警備員や警察官が元々多いのですが、コロナ以降さらに増えた気がします。警備員や警察官の仕事が増えて大変そう。。。

スポンサーリンク

大学の敷地内から出られない

コロナウイルスの影響で2020年の春学期はオンライン授業が中国全土の学校で行われていました。学生は大学の敷地内に戻ることが許されず、授業数の少ない大学院生から少しずつ大学に戻ることが許されるという形をとっていたようです。

ひじパンダ
ひじパンダ

しかし、許可を得ない限りは大学の敷地内から出ることは許されない

基本的にオンライン授業だったので、大学に戻る許可を得た学生たちでも敢えて戻らない人もいたようです。

秋学期(9月)が始まり、大学構内でのオフライン授業が始まりました。恐らくは大学にほとんどの学生が戻って来たのですが、未だに厳しい条件が。。。

ひじパンダ 歳三
ひじパンダ 歳三

許可証を申請しない限り大学の敷地内から出られない

ひじパンダ
ひじパンダ

この時期になって未だにその対応は厳しすぎるような。。。

と少し前までは思っていました。。。この光景を見るまでは。。。。

ここは四川省にある自然豊かな大学構内。。。大学生が続々と移動してます。。。

ひじパンダ
ひじパンダ

確かに徹底的に管理しないとクラスタ―起きる!!!

大学によって異なる対応をしていると思いますが、多くの大学では未だにこのような対応をしていそうです。ちなみに、四川大学では現在、比較的に自由に大学の出入りが出来ますが(以前は完全に部外者は許可証がないと入れませんでした)、大学の門を通る際にモニターがあるので、恐らくはある程度管理されています。

スポンサーリンク

今年は大学新入生の軍事訓練はないかも

中国では例年、大学の新入生は最初の一カ月、大学の敷地内で軍事訓練があります。人生を決めると言われる大学の入学試験「高考(ガオカオ)」が終わり、「恋愛禁止」の束縛からも解放されて出会いのきかっけの場でもある軍事訓練。。。

ひじパンダ
ひじパンダ

その毎年恒例の行事が。。。

軍事訓練があるかどうかはまだ決まっていないようですが、ウイルスのクラスターを抑えるために今年はやらないのではないかと言われています。

去年、中国に来たばかりで軍事訓練のことを知らずに軍事訓練がどのようなものなのか見ることが出来なかったので、今年はぜひ見たかったのですが残念です。

これも大学によって対応が異なるのか、はたまた中国全土で同じ対応なのかはわからないですが、今年は例年と異なる異例事態となっていることは間違いなさそうです。

これからも中国の現地情報を定期的に更新していこうと思っています。それでは、今回の記事はこれにて。

You Tubeチャンネル: hijisan.channel

Facebook : https://www.facebook.com/hijisan333

Twitter : https://twitter.com/hijisancom (Mobile : hijisancom “Kenichi Hijikata”)

Instagram : https://www.instagram.com/hijisan/ (Mobile : hijisan “Kenichi Hijikata” )

LINE / WeChat / Kakao ⇒hijikuniine


スポンサーリンク



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました