🐼ひじパンダのプロフィールはこちら🐼

【ホームステイ選びの注意点】ホームステイ派?シェアハウス派?

その他の国
スポンサーリンク


スポンサーリンク



私がホームステイを利用したのは2006年。その時のホームステイの1ヶ月(又は4週間)の相場は$750で1日3食付き、2回目にトロントに訪れた5年前はその相場は$750で変更はなかった。今は値段はいくらになっているのかわからないので、その当時の話として書きたい。

スポンサーリンク

トロントのホームステイ

 

私が住んでいたのはこちら。私は2つのホームステイを経験したのだが、私の経験を基にホームステイに関して少しアドバイスをさせて頂きたい。現在はいくらになっているのかわからないが、2006年当時はこちらの料金でした。

ひじパンダ 歳三
ひじパンダ 歳三

$750/1ヶ月(又は4週間) / 1日3食付

値段は当時(2006年)と現在(2020年)では大きく変わっていると思いますが、ホームステイ選びで気を付ける点などはずっと変わらないはずなのでアドバイスをさせて貰います。

ホームステイ先はちゃんと英語環境化どうかを確認しよう。

ホームステイ先は中華系カナディアンのところでホストマザーも、ホストファザーも中国語ばかり使っていました。留学代理店に報告した後、ある程度改善されました。

ホームステイ先が何故ホームステイをやっているのか確認する。

部屋が余っているから部屋を貸しているのか、金銭的に厳しくて部屋を貸しているのかを留学代理店に聞いてみよう。

※どこの国でもそうだとは思うが、半分ボランティア感覚でホームステイビジネスをしているところの方が良いホームステイが多い傾向にある。完全にビジネスとしてやっているところはケチなところが多い。ちなみに、最初の自分のホームステイ先は金銭的にゆとりがあったのでケチではなかったのですが、お金のことばかり考えていてあまり良いホームステイではなかったです。

ホームステイ先は駅から徒歩圏内か確認しよう。

トロントの冬は非常に寒い。-20℃に達することも普通にある。バス停によるがそんな中で30分おきに来るバスを外で待つのはかなりきつい。電車は結構遅い時間までやっているが、バスは場所によっては終わるのが早い。深夜も運行しているナイトバスのルートは限られている。駅の近くまでは行ってくれるので、駅の近くに住んでいれば終電を逃しても帰ることはそこまで難しくはない。

その他

1 : どこのホームステイ先でも朝、昼ご飯はあまり期待しない方が良いと思う。朝は簡単なシリアルかパン、昼は前日の晩御飯の残りというのが普通だろう。夜はそれなりにまともな料理が出てくる。私の場合、外で友人と外食を頻繁にしていた上、ホームステイで作ってもらったものも食べていたので、1日4,5食を食べていた日もあった。当然太る。おそらく、人生で一番太ったのがあのときではないだろうか。

スポンサーリンク

トロントのシェアハウスはこの地域がお得

1 : ホームステイと同様に駅の近くに住むのがベスト。下のSubway Mapを見てもらいたい。

こちらがトロントのSubway map。初めて見る方もいると思うが、見ての通り非常にシンプルである。これがカナダ最大都市トロントのSubwayである。Simple is the best! さて、私がお薦めするエリアというと、Green Lineの右の方、「Main Street, Victoria Park, Warden, Kennedy」の駅近くである。比較的に安いシェアハウスが駅近くにあり、Kennedy駅からでもCityのBloor-Yonge駅まで乗り換えなしで25分で行ける。私はKennedy駅から徒歩10分のところに住んでいて月$350で半地下の広いオウンルームに住んでいた。キッチン、バスルームはたったの3人でシェアだ。Kennedy駅の近くにはNo Frillという格安スーパーマーケットもあり、不自由は全くなかった。
※注意して欲しいのは、やっぱり駅の近くに住むことだ。寒い中、外でバス待ちは本当にきつい。

Bits , E-maple , Craigslist / その中でBitsで掲示板を見つけた。

おそらく、私が住んでいたところとそこまで条件は変わらないが$480、私の場合、6ヶ月の長期契約でレントしていたので、通常は月$400のところを月$350にしてもらいました。通常料金は$400だったので、つまりこちらとは$80の開きがある。もう少し探せば$450のところもあると思う。

※トロントのシェアハウスは長期契約をすると安くしてくれるところも結構あるので値段交渉をしてみる価値あり。
ちなみに、私の場合は日本にいるときにBitsで部屋を見つけて大家さんとメールのやりとり。長期契約をするかどうかは実際にシェアハウスを見てから決めたかったので、それもメールで交渉しました。部屋に到着して気に入ったのですぐに6ヶ月契約をしました。

安いところは地下、又は半地下になっているところが多いのでそこさえ我慢できれば快適に過ごすことが出来ます。オーストラリアと比べて交通費が安いので、シティから多少遠いところに住んでいてもあまり負担を感じません。次回はトロントの交通に関して書こうかな。

You Tubeチャンネル : hijisan.channel

Facebook : https://www.facebook.com/hijisan333

Twitter : https://twitter.com/hijisancom ( Mobile : hijisancom “Kenichi Hijikata”)

Instagram : https://www.instagram.com/hijisan/ (Mobile : hijisan “Kenichi Hijikata” )

LINE / WeChat / Kakao ⇒ hijikuniine


スポンサーリンク



 

コメント

  1. […] カナダワーホリの後にオーストラリアに来て「カナダの方が良かった」という日本人が多く、その話を聞いてカナダに行かれる方が多いから。私もカナダのトロントが世界で一番好きな街だと言い続けている1人で、カナダのトロントが好き過ぎてブログ書きました。参考までに⇒トロント(カナダ)のホームステイ&シェアハウス […]

  2. […] 【ホームステイ選びの注意点】ホームステイ派?シェアハウス派? スポン… スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

タイトルとURLをコピーしました