🐼ひじパンダのプロフィールはこちら🐼

【ボーウェンのトマトファーム】Bowenは美しい海に囲まれた町

オーストラリア
スポンサーリンク


スポンサーリンク



ファーム生活合計約6ヵ月、オーストラリアシドニーの留学代理店でファームのお仕事を紹介していたひじパンダです。

ひじパンダ
ひじパンダ

ファームの仕事のことなら裏事情まで色々知ってます

あ、自分は留学代理店のスパイでもなんでもありません。留学代理店は既に退職してますし、現在は繋がりも何もないですから。単純にファーム生活と留学代理店で培った知識を皆さんと共有させて貰いたいと思います。

さて、この記事を読んでいる方の中にはこれからファームに行く方もいるのではないだろうか。単純にファームでの仕事経験やお金稼ぎのためにファームに行くのであればいつ行っても問題ないのですが、

ひじパンダ 歳三
ひじパンダ 歳三

セカンドビザが目的の方はファームに出来るだけ早い段階で行くことをお勧めます

スポンサーリンク

早くファームに行った方が良い理由

海沿い近くのシェアハウス前

どのタイミングでファームに行った方が良いですか?

このような質問を頂くことがたまにあるのですが、質問に答えますと。

 

ひじパンダ
ひじパンダ

1年目のワーホリビザを出来るだけ6ヶ月残して探すと良い

ひじパンダ
ひじパンダ

ワーホリ残り4ヶ月の段階でファームに行くとつらい思いをする可能性が高い

理由は大きく分けて3つあります。

1 : オーストラリアにはファームが数多くあり、悪質なファームに当たる可能性が非常に高い。一年目のワーホリビザが短いと次のファームに行きづらくなる。さらに、あまりにもファームで働いた期間が短いと、ファームで働いたことを証明するform1263を書いてくれない可能性もある。
2 : ファームの仕事待ちの待機期間が長くなる可能性が高い。人気のあるファームであればあるほど空きが出にくい。もちろん、その間はセカンドビザに必要な日数はカウントしてくれない。
3 : セカンドビザに必要な労働日数を早めに満たしておいた方が計画的に先の行動が出来る。「セカンドビザ大丈夫かな~」という不安に駆られることはない。

それでは、ワーホリ1年目に4つのファームで過ごした経験を簡潔にブログでまとめてみたいと思う。話が長くなりそうなので数回に分けてファームのブログを書こうと思っている。

私が働いたファームはQueensland州とVictoria州を合わせて4つ

1 : Bowen(Queensland州)⇒Tomato picking
2 : Trentham(Victoria州)   ⇒Raspberry picking/packing
3 : Heywood(Victoria州)  ⇒Wine grape picking
4 : Mildura(Victoria州)  ⇒Staple grape

ちなみに、もしもファームを探すのであれば以下の町のファームはお勧めしない。

ひじパンダ 歳三
ひじパンダ 歳三

Mildura(Victoria州)Caboolture(Queensland州)

この2つの町のファームは評判が全体的に良くない。ただ、Milduraに関しては話を聞く限り、2015年よりも改善されたような気がする。

それでは、まずはBowenで経験したファームについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

ボーウェン(Bowen)のトマトファーム

Queensland州Bowen。海に囲まれた町でとてものどかなところだ。ワーホリでシドニーに到着してから4日後にBowenという町に移動。シドニーに友達が1人しかいなかったし、シドニーのシティしか知らなかったので、正直、シドニーの印象があまり良くなくBowenに行ってテンションはかなり上がった!

 

ひじパンダ 歳三
ひじパンダ 歳三

海と自然しかない!!!お店少ない!

東京の都会生活に少し飽きていたひじさんには刺激的な環境だった。仕事のない日は朝から散歩。おじいちゃんのような生活でした

 


暇なときは近くの海に行ってのんびりしていました。写真を見て分かると思いますが、人がいなくてプライベートビーチ状態です。


釣りも出来ます。潮風が気持ち良すぎて釣りをしながら寝落ちしたこともあります。


レンタカーを借りてちょっと離れた海に行ったこともありました。この海の名前は確か。。。

ひじパンダ
ひじパンダ

Bingo?Ringo?Dingo beach…

確かDingo Beachだったと思います。

スポンサーリンク

トマトピッキング


広大な土地で朝の6時から夕方くらいまでひたすらトマトピッキング!そして毎日トマトを持ち帰ってトマト食べ放題。リコピンでお肌つるつるになったかな。人生でこんなにトマトを食べたのは初めてでした。

はっきり言います。

ひじパンダ
ひじパンダ

ファームの仕事は結構大変です!

トマトピッキングはまず腰に来る。最初の2週間、慣れるまで辛いが、慣れてからも結構辛い。連勤もあったので、出来るだけ疲れを次の日に残さないよう、シャワーの後のストレッチ、朝、起きてからのストレッチを欠かさずに行っていました

ただ、体育会系の部活動に過去に属していた人達にとって農作業は結構楽しいかもしれない。体に負荷をかけて部活に取り組んでいたあの当時のことを考えれば、それでお金を貰えるなんて贅沢に思えるはずだ。35~37度の猛暑の中で7.5km走らされた中学校のバスケ部の経験が今になってファーム生活で活きたような気がする。

ひじパンダ
ひじパンダ

ファームの仕事は体育会系の部活合宿のようなものです


ファームの仕事が終わった後、ほぼ毎日のようにアイスクリームを食べていました。過去に禁煙に成功しているひじさんだが、アイスの爆食いはそう簡単に止められそうになかったです。水分の取りすぎで次の日にお腹がやばくなり、日本から持って来た「仙豆正露丸)」には大変お世話になりました。仙豆が残り3粒になり、無くなったらやばいと思い、アイスクリームとの未練を断ち切りました。

ひじパンダ 歳三
ひじパンダ 歳三

敷地のど真ん中にトイレが無いファームは多いです。つまり仕事中にトイレに行きたくなった場合は。。。

ファームの仕事中、「蛇」「カンガルー」「ワラビ」「ウサギ」に遭遇することもあったし、太陽の周りにが出来るという現象を見ることも出来ました。自然の中で作業をする醍醐味でした。こちらのトマトファームでの1日の日の流れはとてもシンプルでした。

仕事のある日:仕事⇒食事と飲み⇒寝る
休日:海で遊ぶ、バーベキュー、釣り

毎日がこれの繰り返しでした。ずっとは続けたくないですが、都会のストレスとは無縁の生活でした。皆にもぜひファーム生活を一度は経験してもらいたいです。都会とは異なるオーストラリア生活をぜひ、体験してみてください。次回はTrenthamのラズベリーファームについて書いてきます。

オーストラリア全般の記事⇒オーストラリア
関連記事はこちら⇒

You Tubeチャンネル : hijisan.channel

Facebook : https://www.facebook.com/hijisan333

Twitter : https://twitter.com/hijisancom ( Mobile : hijisancom “Kenichi Hijikata”)

Instagram : https://www.instagram.com/hijisan/ (Mobile : hijisan “Kenichi Hijikata” )

LINE / WeChat / Kakao ⇒ hijikuniine


スポンサーリンク



 

コメント

  1. […] ⇒オーストラリアのファーム!都会と別世界のオーストラリア 1 (Bowen編) (&g… […]

  2. […] オーストラリアのファーム!都会と別世界のオーストラリア 1 (Bowen編) (&g… […]

  3. […] 過去のファーム記事はこちら⇒オーストラリアのファーム!都会と別世界のオーストラリア 1 (Bowen編) (&g… […]

  4. […] 前回のブログでは初めてのファーム経験となるQueensland州Bowenのトマトピッキングに関して書かせてもらった。前回の記事はこちら⇒オーストラリアのファーム!都会と別世界のオーストラリア 1 (Bowen編) (&g… […]

タイトルとURLをコピーしました