🐼ひじパンダのプロフィールはこちら🐼

【外国人との結婚】外国人との離婚の確率が日本人で高い理由を考察

その他の国
スポンサーリンク


スポンサーリンク



2006年に初海外でカナダに行ってから結構経つけど、その間に外国人の友達は沢山出来たし、その間に国際恋愛や国際結婚をする人達を沢山見てきました。特に、日本人女性と他の国の男性の恋愛、結婚に関してはかなり見てきたつもりです。なんか、色々と相談をされ易い性格なのか、外国人側からも、日本人側からも時折、相談される機会に恵まれてきました。少ないながらも、残念ながら離婚してしまった方も知り合いの中にはいます。

厚生労働省の統計によると、日本国内の国際結婚の離婚率は70%程だそうです。ただ、この統計のどこを探せば70%の数値が出るのかわからなかったので、頑張って探してみてください。後、日本国外の日本人の国際結婚のデータは探していないので、もしも情報があれば直接に教えてくれると嬉しいです。

データは曖昧ですが、国際結婚の離婚率が高いのは間違いないと思います。そしてひじパンダは

ひじパンダ
ひじパンダ

何故だろう?

と考えてみました。自分自身、海外が好きだし海外にいるし、国際結婚をする確率は日本国内にずっと暮らしている日本人よりも高いだろうし、もしも、国際結婚したら離婚なんてしたくないし、子どもが可哀想だし。。。なんて色々と考えながら、Hijiさんなりに分析してみました。まずは「国際恋愛」と「国際結婚」の違いから考えてみました。

スポンサーリンク

国際恋愛

国際恋愛に限ったことではないのですが、恋愛は基本的には個人間の問題です。なので、文化やバックグラウンドの違いはあっても、基本的に問題があっても、大抵のことは個人の問題として解決をすることが出来ます。結婚に対する感覚もおそらく、欧米とアジアでは異なるでしょう。欧米の結婚に対する感覚はアジア人の結婚に対する感覚よりも軽い気がします。簡単に結婚するということは、簡単に離婚をする可能性も高まると思います。結婚に対する重みが違いますから。

ひじパンダ 歳三
ひじパンダ 歳三

恋愛は個人同士の問題で完結出来る

スポンサーリンク

国際結婚

さて、結婚となると何が違うのでしょうか。。。はっきりいって全然違うと思います。

何か問題が起きた時、個人の問題として物事が解決出来なくなります。例えば、日本の国以外の人達の家族の絆は日本の一般的な家庭より基本的に強いです。結婚した後に相手方の両親と喧嘩した場合、結婚相手があなたのことを守ってくれなくなる可能性もあります。相手方の家族があなたに理解のある方なら良いと思いますが、日本人からすると「この人、マザコンじゃないの?」と思うくらい他国の国の家族の絆の強さを知らないまま結婚すると、後で痛い目に合うかもしれません。

ひじパンダ 歳三
ひじパンダ 歳三

結婚は個人同士の問題では無くなる

スポンサーリンク

これらの問題を避けるためにどうすれば良いか考えてみた。

相手の国の家族、言葉、文化、社会を十分理解をした上で結婚すること。

⇒例えば、外国の方(個人B)が日本人女性(個人A)と結婚して日本に住むとしよう(このパターンは周りで結構多い)。個人Bが日本の仕事文化を分かっている上で結婚して日本で働く、又は外国人慣れしている職場環境で働いている方なら上手く結婚生活も行くと思うが、万が一、相手の男性が日本の縦社会の文化にあまり触れることなく、縦社会の会社に入ってしまったら日本の結婚生活は大変になるかもしれない。

相手の国に住むとしたら、相手の国の言葉を話せることは絶対に必要だと思う。何故なら、あなたと結婚相手がいくら意思疎通を出来たとしても、結婚相手の親や親戚、又は友人と会話を出来なかったら、それがストレスに繋がるからだ。きっと孤独を感じるだろう。申し訳なさを感じることもあると思う。結婚相手の方が常にあなたの支えになってくれるとは限らない。仕事で家にいないことが多いかもしれないし、相手の両親と喧嘩した時に支えてもらえないかもしれない。何かあったときに自分の身は自分で守らないといけない。相手の国の言語が出来ればそれなりに生活も楽しめることが出来るのではないだろうか。

⇒言うまでもないことだが、相手の国の私生活が好きなのは必須だ。

第3国で暮らすこと

⇒もしかするとこのパターンが一番上手く行き易いのかもしれない。理由は相手の国の母国語とか家族とか、文化とかあまり気にすることなく、個人間で問題を解決できる確率が上がるから。家族とはたまに帰国等をして会えば良いと思う。お互いに外国人なので、切磋琢磨して頑張っていければ良いと思う。但し、どちらかが第3国の永住権、又は国籍を持ってないと国の支援等を受けられないので、結婚生活は大変になると思う。

ー番外編ー

何となくだけど、欧米の人達って歳をとってもイケメンな人が多い気がします。何でだろう。。。結婚して子どももいる人だと分かっていても、そんな渋いイケメンに恋をしてしまう若い女性の方も中にはいるかもしれません。その時に男性はどう行動するか。。。ちなみに、周りで国際結婚をして、離婚をしたパターンはこれが一番多いです。そして、友人はシングルマザーだったりします。

親が国際結婚で、後に離婚をして大変な時期を過ごした友人も何人かいます。そういうのもあって、軽いノリで国際結婚をしてストレスを感じて、離婚をして子どもが大変な思いをするを避ける意味も込めて、国際恋愛と国際結婚の違いを考察したブログを書いてみました。

You Tube : hijisan.channel

Facebook : https://www.facebook.com/hijisan333

Twitter : https://twitter.com/hijisancom ( Mobile : hijisancom “Kenichi Hijikata”)

Instagram : https://www.instagram.com/hijisan/ (Mobile : hijisan “Kenichi Hijikata” )

LINE / WeChat / Kakao ⇒ hijikuniine


スポンサーリンク



 

コメント

  1. […] The article in Japanese is here / 日本語版での記事はこちら […]

  2. […] 国際恋愛、国際結婚、Identityについて考えるようになったきっかけはここからだったと思います。国際恋愛と国際結婚の違いについて以前、記事を書いたので興味のある方はこちらから⇒「国際恋愛」と「国際結婚」の違い […]

タイトルとURLをコピーしました