🐼ひじパンダのプロフィールはこちら🐼

【ワーホリトロント】トロント留学お勧め理由は観光スポットの多さ

その他の国
スポンサーリンク


スポンサーリンク



カナダの東海岸に位置するオンタリオ州トロント。カナダ最大の都市である。今回はトロント内外の魅力をお伝えしていきたいと思う。

スポンサーリンク

エスニックタウン

トロントに行けば世界中の文化が楽しめるのではないかと思うほど、ここは本当の意味でエスニックタウンだ。
街を歩けば、黒人、白人、黄色人種、色んな人種の人達を見ることが出来る。様々な宗教の人達がこの街に住んでのが歩けばわかる。シティの近く、又は離れたところに「~~~タウン」があり、ダウンタウンで色んな価値の人達が上手くミックスされる形だ。お互いの価値観を捨てずに認め合い、上手く融合もできる街。おそらく、世界中の全ての人達が住み易い街なのではないだろうか。

夏になると毎週、何かしらのFestivalが行われている。様々な文化が融合しているだけあって、毎週、色んな国の祭りが行われている。夏のトロントは本当に楽しい。8月は本当に半端ない。8~9pmまで外が明るいので遊びすぎには注意だ。朝は普通に日が昇る。トロントの夏の夜は短い。夏のイベントで遊びすぎて次の日、仕事や学校をサボらないように!

スポンサーリンク

スポーツ観戦

トロントに行けばスポーツ観戦を堪能出来る。私がバンクーバではなくトロントを選んだ理由の1つだ。私の好きなNBA (Toronto Raptors)、MLB(Toronto Blue Jays)のチームがあるし、他にもNHLやMLSのチームもトロントにはある。そう、スポーツが好きな人にとっては至りにつくせりの街なのである。

スポンサーリンク

トロントアイランド

この美しい景色は決してフェイクではない。トロントアイランドからダウンタウンに帰るフェリーからこの景色をみることが可能だ。暗くなり始めてからフェリーに乗ってダウンタウンに帰ることをお薦めする。少し肌寒いが、この景色が見られるなら我慢が出来る。トロントアイランドはダウンタウンからフェリーで行くことが出来る。
2015年現在の料金を調べたらダウンタウンからトロントアイランドまでの往復チケットは$7.25であった。かなり気軽に行くことが出来る金額である。この景色をいつかまた見たいものだ。

スポンサーリンク

トロント大学

トロント大学の近代的な建物と西洋の建物が上手く組み合わさった敷地は本当に見ごたえがある。この写真をみてください。まるでハリーポッターの世界に入ったかのような感覚になります。暖かい日差しの中でここで本なんて読んだらその日一日中幸せな気分になれそうだ。トロント大学はダウンタウンからすぐに徒歩で行くことが出来る場所にあるので、気軽に寄ってみるとよい。

スポンサーリンク

Black Creek Pioneer Village

トロントの昔昔昔を再現した小さな観光スポットである。Finch station、又はDownsview stationからバスで2時間ほどで行くことが出来ます。TTCの範囲内なのでメトロパスがあれば行けます!但し、Pioneer Villageの入場料は取られます。金額はそんなに高くなかったような気がします。詳しくはこちらから⇒http://www.blackcreek.ca/

他にもトロントには魅力が沢山あります。魅力が多すぎて全部伝えきれない街です。イベントが豊富な街なので、刺激をお求めの方はぜひ、トロントに来て見てください。

You Tubeチャンネル : hijisan.channel

Facebook : https://www.facebook.com/hijisan333

Twitter : https://twitter.com/hijisancom ( Mobile : hijisancom “Kenichi Hijikata”)

Instagram : https://www.instagram.com/hijisan/ (Mobile : hijisan “Kenichi Hijikata” )

LINE / WeChat / Kakao ⇒ hijikuniine


スポンサーリンク



コメント

  1. […] 過去の記事はこちら⇒トロントの魅力1 […]

  2. […] 合わせて読みたい記事はこちら⇒【ワーホリトロント】トロント留学お勧め理由は観光スポットの多さ […]

  3. […] あわせて読みたい記事⇒【ワーホリトロント】トロント留学お勧め理由は観光スポットの多さ […]

  4. […] 【ワーホリトロント】トロント留学お勧め理由は観光スポットの多さ スポ… スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

タイトルとURLをコピーしました