🐼ひじパンダのプロフィールはこちら🐼

【シンガポール】チャンギエアポートから街中心部への行き方

その他の国
スポンサーリンク


スポンサーリンク



アジアの中心的存在になっている空港があるシンガポール。どこの国に行くにしてもこの国はとても便利だと友人から聞いたことがある。

シンガポールには前々から行きたいと思っていた。理由は

1 : シンガポールの物価が上がっているというのを複数の友人から聞いていたこともあり、自分の目で確認したかった。

2 : 国自体は小さいのに世界中の優秀な人達をしたたかに集めて経済発展したシンガポールに興味があった。

3 : 世界の貧富の差は縮まっているけど、日本の貧富の差は広がる現状をさらに肌で感じたかった。

2014年にお隣の国のマレーシアに1ヶ月住んでいたこともあり、ある程度シンガポールのイメージは固まっていたのだが、色々と驚かされる部分もいくつかあった。

ところで、2019年度版のアジアの大学ランキングでシンガポールの大学が1位と3位に入っている。優秀な人材はシンガポールの国だけでなく、シンガポールの大学にも目を向けているのかもしれない。

それでは、シンガポールの1日旅行を振り返ってみたいと思う。

スポンサーリンク

空港から街への行き方


シンガポール旅行自体には全く興味がなかったので、事前に何も調べてない。シンガポールのお金も持っていなかったのでとりあえず両替。

空港内にはインド系(インド人?インド系シンガポール人?)の人達と中華系(中国人?中華系シンガポール人?)の人達が沢山。イスラム教徒と思われる人達も沢山いた。インド系の人達が想像していた以上に多かったのは少し驚いたが、想定の範囲内だ。

お腹が空いていたので、空港で朝ごはん

ちなみに、隣国マレーシアのお金(リンギット)が使えるかどうかちょっと気になったので、お店の人に聞いたらなんと使えた!列に並んでたビジネスマン風のお客さんに聞いてみたところ、空港内には使えるお店があるが、一歩外に出るとマレーシアのお金は使えないそうだ。シンガポールを出る際に空港の他のお店でも試したところ、マレーシアのお金が使えるお店と使えないが確かに存在した。

さて、本当に何も調べずに来たので、とりあえず、シティに向かう電車を探すことにした。人に道を聞きながら。。。

改札に到着。あれ!!!???台北のMRT(地下鉄)に凄くそっくり!
もしかすると、同じ会社が作っているのかもしれない。電車の中の構造も台湾のMRTに似てるし。

記念がてらメトロパスも購入して

いざ!シティに初陣!!!

電車のマップさえ調べて来なかったので、駅にあるメトロマップを写真に撮った。自分の滞在先のホテルがChina Townという駅にあるそうなので、とりあえずそこを目指した。メトロマップの写真を撮って思ったのだけど、明らかに英語とよくわからない言葉の名前の駅が混在している。。。

空港からChina Townに向かっている途中、朝の通勤ラッシュに巻き込まれた(T^T)/

(写真はインターネットから)

何これ。。。東京のラッシュアワーほどじゃないけど、かなり人がおるよ。。。
この人口密度の高さには結構驚いたかも。スーツケースを持ってて幅をとってごめんなさいと言いたかった。。。
China Townという駅に向かう途中、色々と面白い?というか気になるものを発見した。。。


駅構内にSecurity。。。全ての駅ではないけど、他の駅でも見た。。。シンガポールは治安が良いみたいだけど、ちょっとな~って思った。

一番右の” No Durians”はちょっと面白かった。


空港から1時間ちょっとかけてChina Town駅に到着。市内を回ってみて後で気付いたことだけど、シンガポールの地下鉄、めっちゃ安い!もしかすると台湾と同じくらい安いかも。。。電車賃が決して安くはない東京と、電車賃がめっちゃ高いシドニーからきた自分にとっては激安だ。人の流れを活性化させるために交通費は出来るだけ上げずにいるのかなって思った。

シンガポールについてまだまだ書きたいことがあるので、続きはまた今度書こうっと♪

You Tubeチャンネル : hijisan.channel

Facebook : https://www.facebook.com/hijisan333

Twitter : https://twitter.com/hijisancom ( Mobile : hijisancom “Kenichi Hijikata”)

Instagram : https://www.instagram.com/hijisan/ (Mobile : hijisan “Kenichi Hijikata” )

LINE / WeChat / Kakao ⇒ hijikuniine


スポンサーリンク



 

タイトルとURLをコピーしました