🐼ひじパンダのプロフィールはこちら🐼

【中国四川省成都】成都パンダ基地/新型コロナウイルス後に初来園

中国旅行
スポンサーリンク


スポンサーリンク




新型コロナウイルス(コビット19)が世界で拡散される中、中国四川省成都の生活は少しずつ普通の状態に戻って来ております。未だにマスク率ほぼ100%で至る所で体温チェックはありますが(汗)

そんな中、友人から朗報が。。。

ひじさ~ん、ひじさんがまた行きたいって言ってたパンダ基地、3月25日(水)から再開しました

ひじパンダ
ひじパンダ

おおお!!!ひじパンダのプロフィール写真にもなってるパンダに会いたい!ありがとう(><)/

ということで、行って来ました。パンダ基地に。ついでと言っては何ですが、パンダ基地への行き方やチケットの購入の仕方なども紹介したいと思います。

スポンサーリンク

そもそも四川省成都ってどこ?

ひじパンダの読者、三国志が好きな方、パンダが好きな方だったらもしかすると「成都」という街の名前くらいは聞いたことがあるかもしれないが、たまためひじパンダのブログを見つけた方のために念のために説明をさせて頂きます。まずはこちらのグーグル地図を見て頂ければ分かると思いますが。中国のほぼど真ん中に位置している四川省の省都が成都になります。

成都に関するブログ記事は過去に沢山書いているのでそちらを後で読んで頂ければ幸いですが、簡単に説明すると

1:パンダの発祥地として有名な四川省の省都

2:三国志「蜀(劉備)」で有名な街

3:四川料理で有名な街(麻婆豆腐、回鍋肉等」(辛い食べ物が多い)

他にも実は色々なことで有名なのだが、それは過去に書いたブログ等でも書いているので、参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

パンダ基地への行き方

実は今回、パンダ基地に行くのは三回目です。

1回目⇒2018年9月:成都に旅行した時(個人にて)

2回目⇒2019年10月:語学留学(学校の課外授業にて)

3回目⇒2020年3月:語学留学(個人にて)

1回目は留学を決める前に成都の下見がてら、旅行をした時にパンダ基地に行きました。

2回目は学校の課外授業で行きました。この時は学校の学費に含まれていたのでお金はかかっていません。

3回目は今回、コビット19の影響で閉まっていたのですが、遂に開園したその週の土曜日(28日)です。

スポンサーリンク

パンダ基地への行き方(バスチケットの購入方法)

まずはパンダ基地への行き方を説明したいと思います。

基準にするのは春熙路(chunxilu)駅

恐らく、成都の地下鉄事情をよく分かっていない方はこの「春熙路(chunxilu)」といういう駅を目安にすると良いでしょう。観光地でもあり、成都の街の中心部でもあるので、成都旅行中にこの駅には何かとお世話になると思います。春熙路駅からパンダ基地の最寄り駅「熊猫大道駅」までは8駅です。

熊猫大道駅に着いてから

大熊大道駅に到着するとパンダの人形やこの写真のような光景があなたを迎えてくれます。パンダが好きな人はいきなりテンションがマックスです!!!

パンダ基地へのバスチケットが購入できる場所があるのはA口です。いくつか出口があるので、お間違いないようご注意ください。

パンダ基地へのバスチケット購入

エスカレーターを上がるとシャトルバスのバス売り場があります。目の前にあるので迷うことは無いと思います。

実は今回、コビット19の影響かどうかわからないのですが、右側のチケットは販売されていませんでした。2018年に来た時は往復55元(836円程)払っているので、普段は右側の料金設定で払わないといけないと思うのですが、今回払ったのは何と。。。片道たったの2元(30円)帰りも2元だったので往復なんと4元(60円)しかバス代を払いませんでした(笑)

ちなみに、2元は成都の公共バスの料金と同じです。

いざシャトルバスで出発

今回行きはこちらの小さいバンのような車で行きました。帰りは普通のバスでした。本来は行きも帰りもバスで運行しているはずなので、コビット19の影響で観光客がまだあまり帰って来ないのを見越しての対応だと思います。

今回、2018年に旅行をした時と少し異なる場所で降ろされました。前回降ろされた場所よりも若干パンダ基地に近かった気がします。パンダ基地まで少し歩きます。

スポンサーリンク

パンダ基地に到着してから

さて、こちらがパンダ基地の入り口なのですが、開園再開後でもコビット19への警戒は高いので、いつもと流れが異なります。

用紙に住所などを記入

簡単なアンケートを記入する必要があります。パンダ基地に来る前に友人から「パンダ基地は再開したけど、健康証明~~~が必要みたいだよ~」と言われたので、もしかすると外国人もその証明書がないと入れないかもしれれないという覚悟で来ました。でも、普通にパスポートだけで大丈夫でした。

チケット購入

チケットの値段は55元(836円)です。写真の入り口の右側にチケット売り場があるのでそちらで購入してください。

日本語でも案内があるのですが、何か違和感が。。。

ひじパンダ
ひじパンダ

切符売り場。。。

確かに、翻訳したら「切符売り場」と出て来そうですが、「チケット売り場」が正しいような。まあ、海外あるあるなのであまり気にしないようにはしていますが。

ひじパンダ 歳三
ひじパンダ 歳三

あれ?2018年は58元だったけど。。。3元安くなってる

スポンサーリンク

パンダ基地に入ってから

パンダ基地に入る時にやはり体温チェックがありました。現在でも成都では至る所で体温チェックが行われています。

ここがパンダ基地の入り口

パンダ基地の中はとにかく広い

パンダ基地の至る所にこのような案内地図があります。パンダ基地をパンダを見ながらゆっくり回ろうとするとおそらくは4-5時間かかると思います。

パンダ基地の中は竹だらけ

さすがパンダ基地というだけあって中には竹だらけです。パンダの食べ物が至る所にありますが、突然パンダが目の前に現れることは無いので安心してください。パンダと戦ったら確実に死にます。

パンダ基地の中は至る所にこのような案内図があります。「中国語」「英語」「日本語」「韓国語」で書かれているので、日本人と韓国人も観光で沢山来ているのかと思います。ちなみに、

ひじパンダ 歳三
ひじパンダ 歳三

意味は分かるけど日本語がちょっと。。。

という表記を所々に見かけます。おそらく、訳したのは日本語がネイティブではない方か、海外に長く住み過ぎて日本語を少し忘れた日本の方だと思います。

スポンサーリンク

どんなパンダが見られるの?

さて、パンダ基地ではどのようなパンダが見られるのでしょうか?

ジャイアントパンダ

いつどのタイミングで行ってもジャイアントパンダはもちろんみられます。ただ、その数はその時その時で大分変って来ます。例えば

今回、このように複数のパンダが同時にアクティブに活動している様子を見ることが出来たのはこれが初めてです。パンダが木登りをしている場面も二回程見ることが出来ました。どうやら、パンダが活発に活動する周期があるようで、その周期に当たれば今回のように沢山のパンダを同時に見ることが出来るし、そうでなければそこまで多くのパンダを見ることは出来ません。ジャイアントパンダの動画や写真を沢山撮ったので、何かしらの形で読者の方にお見せ出来ればと思います。

赤ちゃんパンダ

今回、運よく生まれたてのパンダを見ることが出来ました。パンダって生まれたてはこんなに小さいんですね。ジャイアントパンダのイメージが強いので驚きました。ちなみに、2018年と2019年の時は生まれたてのパンダは見ることは出来ませんでした。その代わり、こちらのパンダを見ることが出来ました。

どちらのサイズのパンダを見られるかはその人の運次第です。パンダは生まれた頃から大きくなるまでずっと寝るのが好きなんですね。一日何時間寝ているんだろう。。。

レッサーパンダ

レッサーパンダも実はパンダでした。ジャイアントパンダよりもはるかに活動的です。白黒の方のパンダは基本的に食べているか寝ています。

スポンサーリンク

パンダ基地の楽しみ方

先ほど述べたように、どのくらいのパンダを見ることが出来るかはその人の運次第です。もしも見ることの出来るパンダが少ない場合は少しだけ楽しさが少なくなってしまうかもしれません。

見られるパンダは運次第

写真のように、木登りをしたパンダを観たのは今回が初めてです。しかも二回も。見ることが出来ました。

ここまでお行儀悪く寝ているパンダを見るのも初めてかもしれません。来園者にお尻を向けて寝ているパンダはとても多いのですが、足を向けてここまでリラックスしたパンダは。。。

パンダの行動に注目しよう

パンダの行動は見ていてまるで人間の小さい子供のようです。今回の来園ではこのようなパンダの行動を見ることが出来ました。

1:上の写真のようにひたすらじゃれ合うパンダ(喧嘩にしか見えないけど)

2:木に登ってひたすら上の方に行くパンダ(リラックス出来るポジションを探す)

3:うん〇をするパンダ

4:木の上でひたすらリラックスをして寝ているパンダ

5:ひたすら竹をお腹いっぱいになるまで食べるパンダ

6:来園者にお尻を向けたり変な態勢で寝ているパンダ

7:生まれたばかりの赤ちゃんパンダ

8:活発なレッサーパンダ

等々

普通の動物園の動物達には見られないような面白い行動をパンダはしてくれます。本当に人間の小さい子供のようです。来園者を喜ばせるためにどのような行動をすれば良いのか分かっているプロにさえ見えます。

スポンサーリンク

パンダ基地は期待を裏切らない

記事の冒頭の方でも述べたのですが、ひじパンダはパンダ基地に3回来園しています。今回の来園は新型コロナウイルスが中国で落ち着いて来て再開した後の初週末でしたが、人は少なかったです。過去2回は人が沢山いて、観られるパンダの数も今回よりは少なかったですが、それでもとても楽しかったです。

ひじパンダ
ひじパンダ

パンダ基地のパンダ達は来園者を喜ばせるプロ集団です

ぜひ、成都に来たらパンダ基地に行ってみてください。パンダ基地を旅行した時の記事もございますので、そちらも参考にして頂ければ幸いです。

<成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地>

ウェブサイト(日本語):http://www.panda.org.cn/jp/

所在地:中国四川省成都外北熊猫大道1375号

メールアドレス:pandabase@panda.org.cn

お問い合わせ:86-28-83507814

スポンサーリンク

おまけ

パンダ基地に行った時に動画も沢山撮って来ました。まだ一部しか編集していないので、編集が終わり次第、他の動画もYou Tube動画(hijisan.channel)の方にアップロードしていきたいと思っています。

You Tubeチャンネル: hijisan.channel

Facebook : https://www.facebook.com/hijisan333

Twitter : https://twitter.com/hijisancom (Mobile : hijisancom “Kenichi Hijikata”)

Instagram : https://www.instagram.com/hijisan/ (Mobile : hijisan “Kenichi Hijikata” )

LINE / WeChat / Kakao ⇒hijikuniine


スポンサーリンク



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました