🐼ひじパンダのプロフィールはこちら🐼

【シドニーで英語国際交流イベント】動機とモチベーション①

オーストラリア
スポンサーリンク


スポンサーリンク



2015年4月、日曜日にPaulと一緒に始めた国際交流・英会話のイベント。日曜日は現在は行っていないけど、ありがたいことに土曜日は定期的に100人を越えるイベントになりました(金曜日の夜と土曜日の午後に現在は行ってます(2019年4月現在)

イベントの様子

スポンサーリンク

イベントを始めたきっかけ

イベントを親友のPaulと始めてちょうど4年、実は「イベントを始めたきっかけ」とか「イベントを主催している動機付け」とか、聞かれたら口頭で人に話すことはあっても、それをあえてブログ等にして自分から書くことは今までありませんでした。理由は単純に「別に敢えて言う必要はないし、イベントに来てもらってそれを感じてくれたらそれで良いかな~」って思ったから。なので、ず~っと書かないつもりだったけど、ブログとしてそれを自分の言葉で発信するのも悪くないかなと思い、初めてそれを自分の言葉として形にして書きたいと思います。今までイベントに関わってくれた方、そしてこれからイベントに関わるかもしれない方にぜひ読んで貰えたら幸いです。長くなってしまうかもしれないので、記事を分けるかもしれないですが、ご了承ください。

Paulが主催していたIELTSの勉強会の写真

2014年12月か2015年の1月か正確なことは覚えてないけど、IELTSの勉強をしたいな~と思い、留学代理店で働いていていた時の日本人のお客さんに「IELTSをそろそろ勉強しようと思っているんだよね~」と話していると、「土曜日にChatswoodで無料でIELTSの勉強会みたいなのやってますよ。最近は行ってないけど後で情報を送りますね」という流れに。。。

このIELTSの勉強会を主催していたのが今では親友のPaulでした。そしてこれも正確には覚えてないけど、たしか1月から参加をし始めたと思います。この当時、韓国系の留学代理店で月曜日から金曜日まで働いていて土曜日はいつも疲れていたけど、IELTSの勉強のためにいちよ真面目に参加していました(いつも2時間くらい遅れて参加していたけど。。。)

ある時Paulに「国際交流・英語のイベントをやろうと思っているんだけど一緒にやらない?」と誘いが。。。「いつも2時間遅刻して参加している自分に何故声がかかったんだろう~」とか、「月ー金で働いて疲れているし、週末にイベントを主催したら疲れるのは確実だからどうしようかな~」という思いはあったけど、「楽しくなかったり、きつかったら止めればいいし、週末1日だけだったらまあいいや」くらいの思いで一緒にやってみることにしました。なので、ポールとイベントを始めたきっかけは単純に「誘われたからやってみた」くらいの感じでした。

イベント会場

イベント会場を決めるのは実はそんなに難しくなかったです。何故かと言うと、過去に「日本人と韓国人の言語交換イベント」を韓国人の友人と2週間に1回ペースで3ヵ月程主催していた経験があって、同じ会場を使えばいいやと思っていたからです。3ヶ月やってみて人が来たり来なかったりと不安定なのもあり3ヶ月で止めてしまったけど。過去に韓国のK-POPについてのブログも書いてるほど韓国が好きだったりします⇒ カナダでK-POPにハマる

昔、利用していた会場と当時のオーガナイザー達

時間設定

「時間設定はどうしようか~」という話になり、候補に挙がったのは「2時スタート」、「3時スタート」、「4時スタート」。

「2時スタートだと昼ご飯を誰か友達と食べた後にゆっくりしてからイベントに来るのが難しくなるし、4時スタートだと昼ご飯の後に時間が空きすぎるし、夜ご飯の時間までイベントすることになるし。。。3時スタートが良くない???イベントの後に皆でご飯にも行きやすいし。」みたいな感じで3時スタートで始めることにしました。それが4年経った今でも変わらずに続いている感じです(何回か時間を少し変更したことがあったけど、結局は3時に落ち着きました)。

いつから始めるか

今でもこれは自分の中で「マジか!!!」って思っていることなのだけど、実は最初のイベントをMeetupのウェブサイトに告知をしたのはイベントが始める14時間でした。日曜日の午後3時スタートだったけど、告知したのは当日の午前1時です。。。これはおそらく自分、又は日本人だけだったら「1週間後からにしよう」とか言っていたと思います。ポールのフットワークの軽さには今でも驚かされることが多々ある感じです。

最初のイベント

「告知されてから14時間しか経ってないし、ほとんど人は来ないだろう~」と思っていました。それでも10人ちょっとくらいの人達が参加してくれて嬉しかったです。今思えば、ここまで人が沢山来てくれるイベントになってくれるとは思わなかったです。

たぶん、これが一番最初にPaulと主催したイベントの写真

スポンサーリンク

イベントを主催する動機付け

最初は単純に「Paulに誘われたから」という理由で始めたイベント。ただ、やっていくうちに様々な動機付けが生まれて現在に至っています。それでは、Hijiさんがイベントを主催する動機付けをこれから書いていこうと思っています。かなり長くなってしまうので、もしも興味がなければ飛ばしてください。。。

「安心・安全なイベントを運営したい」

これを一番最初に持ってきたのには理由があります。おそらく、「安心・安全」はPaulと自分がイベントを主催する上で一番の共通認識としている部分だからです。正直な話、シドニーは世界の中では安全な方だけど、日本ほど安全ではありません。危ない目にあったことのある友人や、危ない目に合った人がいるという話も聞いたりします。

もしも自分の子ども、家族、兄弟が海外に出て危ない目にあったり、最悪、亡くなったりしたら皆どう思うでしょうか?自分には子どもがいるわけではないですが、子どもが海外に行ったらほとんどの親は心配するはずです。

2016年9月にカナダのバンクーバで日本人女性の吉川夏好さんがシュナイダーという人物に殺害されました。どうやら犯人は英会話サークルのようなイベントによく出没していたようで、吉川さんとはこの場所で出会ったようです。吉川さんはきっと真面目で、英語が勉強したくて英語がネイティブの人とどうしても話したかったんだと思います。

自分もカナダ(トロント)に留学経験があり、そして現在は英語関係のイベントをシドニーで主催していることもあり、とても他人事だとは思えませんでした。この出来事が起こる前から「安全・安心なイベント運営」は心がけて来ましたが、その思いは益々強くなりました。例え偏見だと言われようとも、勝手な判断だと思われようとも、「危険な要素を持っていると思われる人物」は即立ち入り禁止にしています。他にも「イベントをナンパ目的のために利用する人物」、「イベントの輪を乱す人物」も立ち入り禁止にさせてもらっています。「事件が起こってから動く」つもりはないですし、事件が起こる可能性があれば強い態度で行動します。

「自分に子どもがいたら安心して送り出せるイベント」を目指しているので、人によっては「PaulもHijiもおせっかいすぎる」と思ってしまうかもしれないです。おせっかいと思われても全然構いません。やり過ぎと思われようが、おせっかいと思われようが、皆が「安全・安心」に国際交流が出来て、世界のことを学んで、英語が勉強できて、楽しめればそれでOKです。

2 : シャイな人でも楽しめるイベントにしたい

自分とPaulが主催するイベントは必ず席が割り当てられます。自分で席を勝手に選んだり移動したりすることは出来ません。理由は色々とあります。例えば、自由に動けるようにしたら「同じ国の人同士が固まったら母国語を話すから英語の勉強にならない」、「ナンパ目的の人が迷惑をかけるようになる」、「英語が出来る人は楽しめるかもしれないけど、出来ない人はどうすれば良いかわからなくなる」等々。。。これらの目的も自分中で当然重要だけど、自分はシャイな人を本当に後押ししたい。。。

例えば、あなたが男性で、性格がシャイで、英語が全く出来なかったら、イベントに行っても誰からも声をかけてもらえず、英語を話す機会も無く、何も得ることが出来ずにイベントから去ることになるでしょう。そして、そのイベントには二度と行きたいと思わなくなるでしょう。ナンパ目的の人達は女性にばかり話しかけに行き、女性は英語の勉強は出来るかもしれないですが、人によってはあからさまなナンパ目的の男性が嫌でそのイベントに二度と来なくなるかもしれません。もちろん、それが好きでまたイベントに行く人もいるかもしれないですが。

話がそれるかもしれないですが、カナダにいたとき自分はかなりシャイな性格でした。英語も全く出来ませんでした。留学した最初の1ヵ月、1人も友達が出来ませんでした。日本人が少ない語学学校を選んで本当に日本人が語学学校に全然いなくて、そこに通っていた日本人は日本人の友達を作りたくない人達ばかりでした。なので、日本人の友達さえいませんでした。おそらく、自分が人生で一番孤独を感じた時期TOP3に入ると思います。

2006年からずっと親友のメキシコ人ルイス

その時、自分に声をかけてくれたのがメキシコ人のLuisでした。2006年に会って以来、今でも連絡を取り続けている初めての外国人の親友です

彼について書いた記事はこちら⇒【外国人と友達になる】国際友情を長く続ける方法)

彼を通じて色んな国の友達が出来ました。そして、シャイな性格はかなり改善されました。英語で話す勇気を持つことが出来ました。他の国の人と話すことへの抵抗が無くなりました。彼には本当に今でも感謝をしているし、「自分もLuisのように人の背中を押すことが出来るようになれば良いな~」って単純に思っています。

「ポールも熱い思いを持ってイベントを運営しています(動画にて)」」

記事が長くなってしまったので、続きは次の記事で書こうと思います^^/

You Tube : hijisan.channel

Facebook : https://www.facebook.com/hijisan333

Twitter : https://twitter.com/hijisancom ( Mobile : hijisancom “Kenichi Hijikata”)

Instagram : https://www.instagram.com/hijisan/ (Mobile : hijisan “Kenichi Hijikata” )

LINE / WeChat / Kakao ⇒ hijikuniine


スポンサーリンク



 

コメント

  1. […] スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 前回の記事はこちら ⇒ 【シドニーで国際交流・英語イベント主催 ①】シドニーでイベントを主催… […]

  2. […] 以前の日本語の記事はこちら⇒【シドニーで国際交流・英語イベント主催 ①】シドニーでイベントを主催… […]

  3. […] 国際交流・英語イベント⇒【シドニーで国際交流・英語イベント主催 ①】シドニーでイベントを主催… […]

  4. […] The article in Japanese is here/ 日本語での記事はこちら […]

  5. […] 合わせて読みたい記事⇒【シドニーで英語国際交流イベント】動機とモチベーション① […]

  6. […] 関連記事はこちら⇒【シドニーで英語国際交流イベント】動機とモチベーション① […]

  7. […] あわせて読みたい記事⇒【シドニーで英語国際交流イベント】動機とモチベーション① […]

  8. […] […]

  9. […] […]

  10. […] […]

  11. […] […]

タイトルとURLをコピーしました